高松市中心部のうどん屋さん16店舗のカレーうどんを食べ比べてみた!

カレーうどん

家庭の数だけカレーがあるように、お店の数だけカレーうどんがある。というのは、名言でもなんでもありませんが、カレーが好きな方であればきっと、なんとなくカレーうどんを食べたくてうどん屋さんを訪れることはあるのではないでしょうか。
しかし、うどん屋さんの定番とも言えるカレーうどんも、実はすべての店舗にあるわけではないようです。
入って見たけれどカレーうどんがない!といったことにならないように、カレーうどんが食べられるお店を食べ歩いては数を増やしていこうと思っています。

ところで冒頭でも少し触れましたが、カレーの味って本当にお店によってまちまち。甘いものや辛いもの、野菜がたくさん入っているものやしっかり煮詰めて溶け込んでいるものなど、あげていけばキリがないほどです。
そして、カレーに絡める場合はだしを一緒に入れるかどうかも味を左右する要素のひとつになります。
そこで、それぞれの店舗や特徴にも触れながらそれぞれのお店のカレーうどんをレポートしていきます。
もしよかったらあなたのお気に入りのカレーうどん店も教えてください。

 

▼▼高松のカレーうどんの食レポはコチラ▼▼

☆☆香川県のうどん店ツアーをYouTubeにて公開中!!☆☆

チャンネルは、>>コチラ

 

表記のルール
お店の表にある「辛さ」は、甘口、中辛、辛口で評価しています。いずれも市販のカレールーと同程度のもので考えています。なお、個人の主観が入るため、同じような辛さでもやや評価が別れることがあるかもしれませんが、ご理解ください。「ルーの系統」はスープ系か、とろみ系かという評価になります。ドロドロのものほど麺がくっつきやすく、スープ状のものほど麺がほぐれて食べやすくなります。また、スープ状のものの方が知らないうちに服に飛んでいる可能性が高いので食べるときはご注意ください。

シチフク/辛口

高松にあるシチフクのカレーうどん
めんや七福さんの二階にあるカレーうどんの専門店「シチフク」さんです。器にすりきりいっぱいに注がれたルーは辛さが際立つ大人の味。うどんはひと玉でもかなりボリュームがあり、ルーの量と相まって完食するとかなりおなかいっぱいになります。
玉増しだけでなくスジ肉を増量してくれる「スジ増し」や、麺を食べた後でカレーライスも楽しめる「ご飯の追加」など、お好みに合わせていろいろ対応してくれます。
チーズの乗ったチーズカレーうどんもあるので合わせて要チェックです!
土・日曜日と祝日がお休みで、その上10:30〜15:00の営業。土日がお休みの人にとっては機会がなければなかなか訪れることができない幻のお店です。

 辛さ  辛口
 ルーの系統  スープ系

たも屋 女道場/甘口

高松にあるたも屋女道場のカレーうどん
たも屋 女道場さんは、お好みのスタイルでカレーうどんが食べられるお店。注文すれば釜揚げの麺も出してくれます。ルーはだしがかかっていない状態で出てきますが、セルフのお店なので自分のお好みでだしを足して楽しむことが可能です。
ちょい足しするだけでも味に変化がでるので、いろいろやって試してみるのがおすすめ。お好みでネギをプラスするなど、自分の好きなカレーうどんにアレンジできるのがたも屋さんの一番の魅力です。
カレーの上にカツを乗っけたカツカレーうどんもあるので、がっつり食べたいという方はぜひ食べてみてください。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系(自分で自由にダシをかけられる)

えん家/甘口

高松にあるえん家のカレーうどん
片原町にあるえん家さんは、コシのあるツルツルもちもちの麺のうどんが食べられるお店。いつも揚げたてでおいしいかしわ天を出してくれることでも知られています。
えん家さんのカレーうどんはドロドロのルーに弾力のある麺が絡むタイプ濃厚タイプ。辛いのが苦手な方でも安心して食べられる点も魅力のひとつです。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系

大久保/中辛

高松にある大久保のカレーうどん
丸の内にある大久保さんのカレーうどんは、玉ねぎ、人参、油揚げなどがたっぷり入った具だくさんのタイプ。ちょっぴり辛めでスパイシーなルーと野菜やあげの甘味の相性も抜群です。
実家のカレーを思い出すなぁ・・・と、見た目は実家のカレーを思い出させますが、うどんは当然ながら本格的なさぬきうどん。太めでもっちりとした弾力が、スープ状のルーに絡みます。
麺も野菜も食べ応えがあるため満足感も上々です。

 辛さ  中辛(やや辛口より)
 ルーの系統  スープ系

讃岐めんさ/甘口

高松にある讃岐めんさのカレーうどん
一見シンプルなカレーのルーですが、食べてみると中には細かい野菜がたくさん混ぜ込まれていることがわかります。
味も甘口でとっても食べやすく、カレーが好きな小さい子どもにも喜んで食べてもらえそうな気がします。
とろみのあるルーは麺にも絡んで1本1本でしっかりとカレーうどんを感じることができます。
見た目はシンプルだけど、味わってみると複雑で深みがある。それでいて食べやすい甘口のカレーうどんです。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系

ちく泉/中辛

高松にあるちく泉のカレーうどん
しっかりとコシのある麺にピリ辛のカレールーがよく絡むちょっぴり大人のカレーうどんです。
ルーはピリ辛なのですが、甘辛のおあげが入っていて、絶妙に辛さを中和してくれるので、辛いのが苦手な方でなければおいしくいただけると思います。
ルーにはお好みでダシをかけてくれるので、お好みの量をお願いしよう。もちろん、かけずにそのままでもOKです。

 辛さ  中辛(ちょっと辛め)
 ルーの系統  とろみ系(ダシをお好みでかけてもらえる)

一福/甘口


言わずと知れたうどんの名店、一福さんのカレーうどん。
一福さんといえば弾力のある細めの麺。同じ量であれば麺が細い方がカレーに絡む面積が大きいのはモノの道理ですよね。とにかくルーに麺がよく絡みます。
そして、カレーのルーもよく分からないのですがとってもクリーミーでまろやか。
チーズか何かが入っているのかな?と思えるような味わいです。とにかく食べやすくて美味しい。辛くないカレーが好きな方には特におすすめのお店です。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系

綿谷/甘口

高松にある綿谷のカレーうどん
綿谷さんといえば肉ぶっかけ、肉ぶっかけといえば綿谷さんというくらい、相思相愛の肉ぶっかけが有名なお店ですが、あえてカレーうどんをいただいてみました。
いつも肉うどんに入っているのと変わらないクオリティのもっちり麺がカレーうどんに収まっています(当たり前)。
ルーはダシをかけていないとろみ系で、かなり甘口。辛いのが苦手な方でもおいしくいただけ、すんなりと体に入ってくる優しさです。
ボリュームは肉うどんと変わらずでかなり多め。うどん1玉の量が多いのももちろんですが、ルーをひたひたに入れてくれるので、かなりのボリュームになります。
カレーうどんだとルーまで完食しちゃうので、食べた後は当然おなかいっぱいになりました。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系

鶴丸/中辛

☆☆香川県のうどん店ツアーをYouTubeにて公開中!!☆☆

チャンネルは、>>コチラ

高松にある鶴丸のカレーうどん
讃岐のカレーうどんと言われると、おそらく一番有名なのではないかと思われるのがこちらの鶴丸さんです。
夜だけの限定OPENなのですが、お酒を飲んだ後にうどんを食べるという締めうどんのお店の中でも特に多くのファンを獲得しているお店のひとつではないでしょうか。
見た目は普通のカレーうどんなのですが、麺がおいしいのかルーがおいしいのか、はたまたその相性が良いのか、とても美味しくて、また来たくなる味になっています。
お酒を飲んだ流れで数名で訪れることが多いので、誰でも食べられる辛さというのも魅力のひとつかもしれません。

 辛さ  中辛(けっこう甘口寄り)
 ルーの系統  スープ系

北古馬場 ごえもん/中辛

高松にある北古馬場ごえもんのカレーうどん
締めはカレーうどんでという流れになった時、候補に上がるお店のひとつ。それが、北古馬場ごえもんさんです。
うどん以外のメニューもいくつかあって、カレーうどんを食べる前にちょっと飲んでからという方も少なくありません。
うどんの種類は40種類以上ありますが、ほとんどん方がカレーうどんを注文するとうくらい人気のメニューです。
ルーはとろみ系ながらやや液状で麺に絡ませやすく、味はややピリっとしますがどちらかというと甘口系。
麺はもっちりとしていて弾力があり、カレーと相まって優しく口の中でとろけていく感じのカレーうどんです。

 辛さ  中辛(けっこう甘口寄り)
 ルーの系統  スープ系

讃岐つけ麺 寒川/辛口

高松にある讃岐つけ麺寒川のタイカレーうどん
讃岐つけ麺 寒川さんは、うどんを使ったつけ麺のお店。注文してから茹でるという麺は、つやつやの光沢を放って登場します。
噛めばふわっと柔らかくしなやか。それでいてもっちりとした弾力があり、この麺だけでもファンになってしまいそうなクオリティです。
つけだしはタイカレー。注文の際に「辛いけど大丈夫ですか?」というひと言があるくらい、けっこうな辛口で、食べながら何度かむせました(笑)。
でも、それだけじゃない。何を使っているのかは不明ですが、最初に辛さがきて、そのあとにまろやかさが広がり、辛さを奪い去っていく感覚。
結局ご飯をルーに入れ、ルーまですべて完食しましたが、辛いカレーを食べた時は口の中のヒリヒリする感覚があとを引きますが、讃岐つけ麺 寒川さんのカレーうどんにはいっさいありませんでした。

 辛さ  辛口(辛いけどヒリヒリしない)
 ルーの系統  スープ系

五右衛門/中辛

高松市内の締めうどんの定番五右衛門さんのカレーうどん
五右衛門さんは、高松市内にある締めうどんで定番のお店。人気はやっぱりカレーうどんで、ふつうのカレーうどんだけでなく、黒カレーうどんやチーズカレーうどんなど、カレーうどんの中でもさまざまなメニューがあります。
柔らかくて弾力のあるもっちり麺は、讃岐うどんらしいしっかりとした食感と滑らかな喉ごし。とろっとしたカレーのルーをしっかりと纏って存在感を放ちます。
野菜やお肉がこまかく溶け込んだルーは辛いというよりもスパイシーで、辛いのが苦手という方でも美味しく食べられる感じ。うどんの美味しさをルーがしっかりと引き立ててくれ、両者が絶妙なバランスを保っています。
今度は他のカレーうどんにもチャレンジしてみようかな。

 辛さ  中辛(思ったより辛くない)
 ルーの系統  とろみ系

はなまるうどん/甘口

高松市内の商店街にあるはなまるうどんさんのカレーうどん
はなまるうどんさんは言わずと知れた全国的にも有名な讃岐うどんお店です。カレーうどんよりも、カレーライス押しということもあり、うどん+カレーライスというはなまるスタンダードのセットメニューがある点もポイント。
そこであえてカレーうどんを頼む人は決して多くない気がしますが、あえてカレーうどんを注文してみました。
はなまるうどんさんの甘くて家庭的なルーは、大人だけでなく子供も安心して食べられる点も魅力です。
麺は讃岐うどんらしい弾力としっかりとした噛みごたえがあり、じゃがいもやにんじんがかなり大きく切られて中に入っているのもポイント。
ほんの少しかけだしがかかっていて、とろみ系のルーがサラっとした感じになっています。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系(ややだしがかかっています)

ながやまうどん/甘口

高松市内の瓦町FLAGにあるながやまうどんのカレーうどん
高松の中心部、瓦町FLAGの中にあるながやまうどんさんのカレーうどんです。
香川県が独自開発した小麦「さぬきの夢」を使ったうどんはしっかりとした歯ごたえがあり、1本1本が確かな存在感を放っています。
ルーはサラっとしたスープ系で、辛さはほとんど感じない甘口。コクと旨味が凝縮されたルーにスジ肉と玉ねぎのがたっぷりとかかっています。
一見シンプルなのに食べるととっても味わい深いカレーうどんに、自由にトッピングできる天かすやネギを乗せて食べるのがスタンダードです。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  スープ系

うどんバカ一代/甘口

高松市内の有名店、うどんバカ一代のカレーうどん
高松市内、瓦町駅の南側にあるうどんバカ一代さんのカレーうどんです。
茹でて10分以内というゆでたてのうどんしか使っていないうどんバカ一代さんのうどんはいつ食べてもつるつるしこしこ。
柔らかくて弾力があり、それでいて歯ごたえがある麺はどんなうどんにも合う抜群のおいしさです。
ルーは甘口で家庭の味を思わせるスタンダードなカレー。ちょっぴりだしがかかっていて、とろみ系のルーがスープ状になっています。
注文時に「だしを入れても良いですか?」と聞いてくださるので、とろみ系が好きな方はだし抜きでお願いしましょう。

 辛さ  甘口
 ルーの系統  とろみ系(だし入り)

ゴッドハンド/中辛

高松市内のうどん屋さんゴッドハンドのカレーうどん
地上最強のウドン ゴッドハンドという絶大なインパクトを誇る店名のお店のカレーうどんです。
できたての強烈なコシを誇るうどんはあつあつでも食べ応え抜群。
うどんにだしをかけ、その上からカレーを注いでくれているので、ルーのみのカレーうどんもだしまじりのカレーうどんも両方楽しめます。
もちろん、オーダー時にだしを入れるかどうかは聞いてもらえるので、ルーのみでお願いしたい方は先に伝えておけばOK。
カレーの味はスパイシーで中辛ぐらい。トロトロのルーに野菜や肉が溶け込むように混ざっているので、野菜を気にすることなく食べられますよ。

 辛さ  中辛
 ルーの系統  とろみ系(だし入り)

 

▼▼高松のカレーうどんの食レポはコチラ▼▼

☆☆香川県のうどん店ツアーをYouTubeにて公開中!!☆☆